カテゴリー:お知らせ  2016/03/08

女性弁護士による無料法律相談会

日本女性法律家協会は、一般財団法人主婦会館との共催により、今春も、恒例の無料法律相談会を開催します。経験豊かな女性弁護士が、あなたの悩みごとをお聞きして、適切なアドバイスをいたしますので、お気軽においで下さい。女性税理士も参加いたします。改正相続税法が施行され、税金の問題を伴う相談も歓迎いたします。

夫婦、親子、遺言、相続、売買、借地、借家、交通事故、セクハラ、DV、雇用、クレサラ、消費者被害、子どもの権利などの法律相談に応じます。男女を問いません。

なるべくご相談に関する書類をご持参ください。

ご相談を受けた弁護士に事件処理等の依頼をすることができます(有料)。

日時

2016年4月23日(土)

予約制
前日までにお電話でご予約ください。
定員に達した段階で予約を締め切りとさせていただきます。

相談時間

(1) 午後1時~午後1時30分
(2) 午後1時30分~午後2時
(3) 午後2時~午後2時30分
(4) 午後3時~午後3時30分
(5) 午後3時30分~午後4時
(6) 午後4時~午後4時30分
各回10名

場所

主婦会館プラザエフ 9F スズラン
東京都千代田区六番町15番地
JR四ツ谷駅、麹町口前
地下鉄南北線、丸の内線とも四ツ谷駅

相談予約

03−3265−8119
プラザエフ無料法律相談担当
(月~金 午後9時30分~午後5時30分)

ご案内

» 4月23日(土)「女性弁護士による無料法律相談会」(PDF)


カテゴリー:お知らせ  2016/03/01

誰の権利をどのようにまもるのか?

国際女性デー記念シンポジウム「日仏における第三者の介入する生殖補助医療と法」

日時

2016年03月12日(土) 10:00~18:30

会場

日仏会館(恵比寿)1階ホール
東京都渋谷区恵比寿3-9-25
TEL 03-5421-7641
FAX 03-5421-7651
http://www.mfj.gr.jp/

アクセス

JR 恵比寿駅 東口より 徒歩10分
東京メトロ日比谷線 1番出口より 徒歩13分

主催

法政大学ボアソナード
記念現代法研究所

共催

日仏女性研究学会
日仏会館フランス事務所

後援

ジェンダー法学会
日本女性法律家協会

ご案内・プログラム

» 3月12日(土) 国際女性デー記念シンポジウム「日仏における第三者の介入する生殖補助医療と法」(PDF)


カテゴリー:お知らせ  2016/02/18

日本女性法律家協会主催
法政大学現代法研究所共催

「生殖補助医療と人権」 研究会
第8回「第三者の関与する生殖医療 -医学的・倫理的側面-

「生殖補助医療と人権」研究会

(図はWisconsin Institute for discoveryのサイトより)

生殖補助医療は、不妊治療として日本の社会に定着した感がありますが、一つ一つの技術や親子関係などの法整備については不明確な状況は続いています。子を持ちたい人やカップル、生まれてきた子ども、また「生命の定義」や「人間の尊厳」・・・などの、さまざまに錯綜する権利の保護や生命倫理の尊重について、基本的なルールを作成することが重要です。誰が、どのように、どのような内容で、どのような形式で作成するのでしょうか。本研究会は、こうした問題について、現状や問題点を知り、法的なものも含めルール作りについて考えています。

第8回研究会は、「第三者の関与する生殖医療 -医学的・倫理的側面-」のテーマで、医師の観点からのお話を伺います。講師には、日本産婦人科学会倫理委員で、出生前診断検討委員会委員長として「新型出生前診断指針」の作成にあたられ、生殖医療に関するご論稿も多い久具宏司をお迎えします。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時

2016年2月18日(水)、18時半~20時

場所

日本弁護士会館 503号

講師

久具宏司氏(都立墨東病院)

弁護士会館

〒100-0013 東京都千代田区霞ヶ関1-1-3
丸ノ内線、日比谷線、千代田線「霞が関」B1出口より直通

ご参加のお問い合わせ

日本女性法律家協会
ICD45507@nifty.com
Tel:03-3578-1981

ご案内

» 「生殖補助医療と人権」研究会 第8回(PDF)


カテゴリー:お知らせ  2016/01/27

日本女性法律家協会主催
法政大学現代法研究所共催

「生殖補助医療と人権」 研究会
第7回「我が国における非配偶者間生殖医療における現状と課題」

「生殖補助医療と人権」研究会

(図はWisconsin Institute for discoveryのサイトより)

生殖補助医療は、不妊治療として日本の社会に定着した感がありますが、一つ一つの技術や親子関係などの法整備については不明確な状況は続いています。子を持ちたい人やカップル、生まれてきた子ども、また「生命の定義」や「人間の尊厳」・・・などの、さまざまに錯綜する権利の保護や生命倫理の尊重について、基本的なルールを作成することが重要です。誰が、どのように、どのような内容で、どのような形式で作成するのでしょうか。本研究会は、こうした問題について、現状や問題点を知り、法的なものも含めルール作りについて考えています。

第7回研究会は、「卵子提供を考えるカップル」を取り上げ、そのケアについて考えます。講師には、そのテーマでご研究をされている城西国際大学看護学部准教授の清水清美氏をお迎えしています。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時

2016年1月27日(水)、18時~20時

場所

法政大学市谷キャンパス ボアソナードタワー22階
現代法研究所会議室

講師

清水清美氏(城西国際大学看護学部 准教授)

法政大学

〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1
JR、メトロ市ヶ谷 徒歩7分、JR・メトロ飯田橋 徒歩7分
有楽町線「桜田門」5 番出口より徒歩8分。

ご参加のお問い合わせ

日本女性法律家協会
ICD45507@nifty.com
Tel:03-3578-1981

ご案内

» 「生殖補助医療と人権」研究会 第7回(PDF)


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 21 »