コラム「便利な時代に」
カテゴリー:コラム  2015/06/17

第一東京弁護士会 59期
弁護士 村田 彰子

 我が家では、昨年の夏に訪問した牧場のファンになり、その牧場で栽培している無農薬の野菜やとれたて卵・お肉などを定期的に送ってもらっています。その時々の旬の食材が(時には、近所のスーパーではお目にかかれないような珍しい野菜が入ってくることも。)、お勧めの食べ方と一緒に宅配便で届きますので、「何が入っているかしら?」と毎回ワクワクしながら家族皆で楽しみにしています。

 最近はネット通販が普及して、自宅に居ながらにして全国各地からいろいろな物を「お取り寄せ」することもできるようになりました。便利な世の中になったものですね。

 でもその反面、何でも手軽に利用できるようにはなったものの、思わぬトラブルに巻き込まれるおそれもありますので、特に、それまでお付き合いしたことのない業者とインターネットで取引をするときには、これまで以上に十分な注意をする必要があると思っています。通常の店舗での買い物とは違い、実際にお店に行って、店員と話し、実物を見たうえで購入するわけではありませんので、思ったとおりの物がきちんと届くか不安になることもあります。果たしてその業者は信頼できる業者か?、契約の内容やその他の条件は?、代金の支払方法は?、トラブルがあったときの対応や連絡先は?、もし気に入らなかったときには解約や返品ができるか?・・・・などなど、サイトの情報をよく確認したうえで、また、インターネットを介して個人情報が漏洩してしまう危険性もありますので、セキュリティ対策も忘れないようにして、賢く利用するようにしたいものです。