9月11日(月)「国連女性差別撤廃条約と日本の課題」講演会のご案内
カテゴリー:お知らせ  2017/08/24

9月11日(月) 講演会のご案内「国連女性差別撤廃条約と日本の課題」

講師

林陽子氏 弁護士・元国連女性差別撤廃委員会委員長

コーディネート

浅倉むつ子氏(早稲田大学大学院法務研究科教授)

日時

2017年9月11日(月曜日)18:00-20:00(開場17:45)

入場無料

どなたでもご参加できます。事前の申込は不要です。

会場

早稲田大学 早稲田キャンパス27号館(小野梓記念館)202号教室

会場へのアクセスは下記PDF裏面の地図をご覧ください。

〈交通アクセス〉
【JR】
山手線 高田馬場駅から徒歩20分
【西武鉄道】
新宿線 高田馬場駅から徒歩20分
【地下鉄東京メトロ】
東西線 早稲田駅から徒歩5分
副都心線 西早稲田駅から徒歩17分

主催

日本女性法律家協会

共催

早稲田大学大学院法務研究科

※この企画は、日本女性法律家協会研究会の一環として行われます。
日本女性法律家協会は、1950年に設立された女性の弁護士・裁判官・検事・法律学者による全国組織です。国連NGOに登録されている、国際女性法律家連盟(FIDA)の日本支部でもあります。
国連女性差別撤廃委員会(CEDAW)は、昨年、日本政府から提出された報告書の審査を行い、日本におけるジェンダー平等に関して広い範囲にわたる勧告(総括所見)を公表しました。日本女性法律家協会は、本年度の活動の柱のひとつに、この総括所見の普及、実現を掲げております。同委員会の現職の委員であり委員長経験者の林陽子会員に、国連女性差別撤廃条約の目的と課題、委員会が今日本の課題として重視していること、日本の法曹、法学者に期待されていることなどについて、お話しを伺います。コーディネーターを労働法・ジェンダー・法学の第一人者であり、昨年のCEDAW審査も傍聴された浅倉むつ子教授にお願いしました。皆様のご来場をお待ち申し上げます。

林陽子氏 略歴

1983年より弁護士。2002-2004年 - 日本女性法律家協会副会長。2008年1月から国連女性差別撤廃委員会委員。2015年2月より2016年2月まで同委員会委員長。著書に『女性差別 撤廃条約と私たち』(信山社、2011年)、『女性差別撤廃条約注解』(共著、国際女性の地位協会編、尚学社、1992年)ほか。

浅倉むつ子氏 略歴

東京都立大学法学部教授を経て、2004年より早稲田大学大学院法務研究科教授。専門は労働法、ジェンダー法。主な著書に、『男女雇用平等法論』(ドメス出版、1991年、第11回山川菊栄賞)、『労働法とジェンダー』(勁草書房、2004年)、『同一価値労働同一賃金原則の実施システム』(共著、有斐閣、2010年)、『雇用差別禁止法制の展望』(有斐閣、2016年、第9回昭和女子大学女性文化研究賞)ほか。

お問い合わせ先

日本女性法律家協会 事務局
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-18-12 ステュディオ虎ノ門811
Tel 03-3578-1981
Fax 03-3437-6188
(受付時間 平日10時~17時、木土日休)

ご案内・アクセス詳細

» 9月11日(月)「国連女性差別撤廃条約と日本の課題」講演会のご案内(PDF)